有限会社 三栄興業

使う人を想う切断加工で、地元製造業を縁の下で支える

建設機械部品・プラント関連部材となる鉄板加工を行う三栄興業。CADデータに対応し、レーザー切断機・ガス切断機を使い分けて、主に1.2mm〜50mmまでの鉄板切断を行っている。近年は、地元製造業中心に取引先を拡大。オペレーターの稼働率や、材料の歩留まり率を地道に向上させ、短納期の急な案件にも応えられる体制を整えてきた。

コンピュータ制御での切断とはいえ、同社が何より大切にするのはお客様との直接的なコミュニケーション。「次工程はお客様」をこまかな配慮で体現しながら、長きにわたって地域の信頼を積み重ねてきた。納品の際はできるだけ現場の担当者と直接話し、メールなどでは汲み取りきれない細かな要望に耳を傾ける。「この箇所をもっと丁寧に」「この箇所の精度はいらない」などの声から、どうしたらもっと使いやすい材料になるかを考え、お客様好みの仕上がりを追求していく。

きめ細やかな配慮ができるのは、糸魚川がコンパクトタウンでありお客様と距離が近いからこそ。今後は、その距離感を活かし、さまざまな業種との積極的な連携も視野に入れていく。

「糸魚川の異業種がもっと自由につながれば、コストをかけずにスケール感の大きい仕事ができるかもしれない」と将来に期待を寄せる代表取締役の川瀬豊さん。

企業情報

最終更新日: 2020年05月11日

事業所名有限会社 三栄興業
業種製造業
業種詳細金属加工(シャースリット業)
取扱品目・事業内容鋼板切板・一般鋼材販売
代表者名川瀬 豊
住所941-0069 新潟県糸魚川市南寺島2-3-16
TEL.025-553-2796
FAX.025-552-9734
Emaily-kawse@uk-sanei.com
資本金3000000円
拠点営業開始日1994-04-01
従業員数3名
コンパクトタウンだからこそ、お客様とのコミュニケーションが取りやすく、ニーズの聞き取りもしやすい。
CADデータを元に、いかに無駄を出さずに1枚の鉄板から部品を切り出せるかを調整するのも腕の見せ所。
納品物ひとつ一つにも気を使い、作業の工程に合わせて部材ごとの山に整理することも忘れない。
鉄板の厚さに応じてガス切断機、レーザー切断機を使い分ける。