株式会社 タナベ

その技術に世界が注目、“熱”を自在に操るイノベーター

長年にわたる電気炉の製造で培ってきた“溶かす”“焼く”“乾燥させる”といった“熱”の技術をベースに、レアメタル・レアアースの還元リサイクルシステムなどを国内外に提案している株式会社タナベ。炉に付帯する搬送・後処理のためのプラントなどまで一括して設計・製造している。その独自性が注目され、経済産業省が選ぶ地域未来牽引企業にも選定されている。

顧客が工業炉に求める機能はさまざまあるため、つねにオンリーワンの製品製造が必要となる。製造を進める前からデモ機でテストを繰り返し、ニーズを深掘り。顧客が求める製品・サービスを根幹から共に構築することで、製品品質を高めるとともに、顧客との強い信頼関係を築いてきた。

近年注目を集めているのが、電池材料の乾燥・焼成を行うための工業炉。他社には真似できないノウハウを組み合わせ、ヨーロッパやアジアを中心に受注数を伸ばしている。
社会の大局を見極める感覚を武器に、つねに一歩先を行く同社が目指すのは、利益追求と社会貢献の両立。これからも、時代の流れに応じてつねに視点を変えながら、匠の技で世界へ挑戦を続けていく。

「ベース技術を強みに、視点を変えるだけでものづくりの可能性は無限に広がる」と語る代表取締役社長の田辺 郁雄氏。

企業情報

最終更新日: 2020年06月04日

事業所名株式会社 タナベ
業種製造業
業種詳細一般産業用機械・装置製造業
取扱品目・事業内容各種産業用機械製造、工業炉製造
代表者名田邉郁雄
住所941-8686 糸魚川市大字大野978番地
TEL.552-1601
FAX.552-8041
URLhttp://www.tanabe-co.co.jp/
資本金67500000円
拠点営業開始日1922-08-01
従業員数172名
ほとんどがオーダーメイドであるため、案件に幅広く対応できる確かな技術が求められる。
約20年前の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とのモデル事業が大きな転機となった。
整理整頓、切削ゴミの分別が行き届いた工場内。労働環境も世界レベルが求められている。