株式会社 清耕園ファーム

「おいしい」のさらに先へ、感動体験型の農業を目指して

糸魚川の山々から流れる清らかな水で育った農作物の生産・販売を手がける清耕園ファーム。「直にお客様の声を聞きたい」と、会社代表の横井氏が、家業だった農業に就いたのが1992年のこと。自慢のお米、コシヒカリ「ひすいの雫」は、自然環境に恵まれたこの地で、米作りに励む仲間達によりブランド化し、商標登録を取得。都心でのマーケットにも参加し、着実にファンを増やしてきた。

米の生産ほか、マスクメロンやシャインマスカットなど、栽培管理に専門的技術と手間がかかる高級食材の生産にも挑戦。お客様の声に真摯に向き合い、さらなる信頼を獲得してきた。

2016年には、田んぼのオーナー制度をスタート。残雪と日本海を一度に眺めながらの田植え・稲刈りの体験は大好評だった。2019年の秋には葡萄棚の下で、新米やとれたての野菜を使ってピザ作りをしたり、参加者と食卓を囲んで交流し、将来的な観光体験型施設運営の構想もふくらんだ。山間部には耕作放棄地が増えるなか、その豊かな自然とおいしい農産物を使った新しい農業のカタチを目指し、今後も挑戦を続ける。

「農業で生き残るためには、消費者の声を聞くことが第一」と、お客様とつながる農業を模索し続けてきた代表の横井清一郎さん。

企業情報

最終更新日: 2020年09月09日

事業所名株式会社 清耕園ファーム
業種農業・林業
業種詳細農業
取扱品目・事業内容米・メロン・イチジク・ぶどう
代表者名横井 清一郎
住所941-0021 糸魚川市東海1279-1
TEL.025-555-7001
FAX.025-555-2211
Emailinfo@seikouen-farm.jp
URLhttp://www.seikouen-farm.jp
資本金9000000円
拠点営業開始日2013-03-01
従業員数4名
3,000m級の山々と日本海を同時に一望できる、独特の地理条件が糸魚川の魅力。
剪定の仕方、水を施すタイミング、収穫時の見極めなど、丹精込めた手入れが味を左右する。ネット直販にも早くから対応し、直にお客様とつながる方法を模索してきた。
すべての農作物はきめ細やかな手入れが基本。スタッフ一人ひとりがその生育状態に気を配って出来た野菜や果物の美味しさに惚れ込む地元のファンも多い。
平場が少ない糸魚川地域だが、清らかな水と作り手の努力によって育てられたコシヒカリは、有名ブランド米にもひけを取らない美味しさ。平成5年の全国的な米不足きっかけに、全国からも問い合わせが来るようになった。