バウテック有限会社

面白いけど、誰もできない。そんな仕事が来ると燃える。

集成材、住宅部材の加工販売を主業務とするバウテックは、1998年創業。独立前、中国の同業者との競争に不安を感じながら視察したのが「ベルリン国際建築専門見本市(バウテック)」。ヨーロッパの木工のレベルに驚き「独自の技術を培い、品質を高め続ければ戦える」と決意したことが社名の由来だ。高い技術を活かす主戦場として首都圏を選び、現在も7、8割が県外での売上。創業直後から中国への技術指導を実施しており、地道に築いた信頼関係がよい仕入れ先の確保にもつながった。

同社が選ばれてきた理由は、特殊形状の木製品加工で実績を重ねてきたこと。特に、らせん階段に使われる3次元手すりの加工は全国から指名が来る。杉並区立杉並芸術会館(座・高円寺)の異次元感を強く印象づけるらせん階段も、同社の手によるものだ。最後は、職人の勘で仕上げられた仕事は高く評価され、多数の高名な建築に携わる機会にもつながっている。

今後は、若手社員への技術伝承に力を入れるとともに、若手の活躍の場をつくるべく最新鋭のヨーロッパ製加工機の導入を決断。これまでも、未知の仕事に多数取り組んできた同社。新たなツールを手に入れて、さらに挑戦を続けていく。

いい仕入れ先といいお客さまに恵まれ、社員の技術があれば商売は続けられる。と語る猪又行雄社長。

企業情報

最終更新日: 2021年02月18日

事業所名バウテック有限会社
業種建設業
取扱品目・事業内容集成材、住宅部材の加工販売
代表者名猪又 行雄
住所941-0069 糸魚川市南寺島2丁目1番1号
TEL.025-552-3923
FAX.025-552-3834
「お客さまが得するように動くことを大切にしてきました」と、猪又社長。
大手建築会社も職人技の伝承に取り組めていない中、若手社員が活躍するバウテック。
贅を尽くした空間にふさわしい、美しいらせん階段の手すり製作は同社の得意分野。
大手企業が伝承できなかった職人業を守り続け、指名が絶えない。