株式会社 フジマシン

知恵と技術のチームワークで自然と選ばれる会社に。

1989年創業のフジマシンは、機械加工・製缶加工を行う会社。金属に切削や溶接加工を施し、お客さまが求める製品に仕上げていく。図面がないものの発注、摩耗や劣化で原形をとどめていないものの再現依頼も多いが、理想の製品を想像し、1/100mmの精度で具現化。「作品レベル」と称される美しさも併せ持つ、フジマシンにしかできない仕事を多数重ねてきた。現在も、市内外から製作依頼が舞い込んでいる。

同社の強みは、チームワークを活かした作業。至急の仕事への対応力も自慢だ。発注があると、材料発注から製作過程までよりよい方法がないか社内で相談し、笠原社長が図面化、腕利きの現場社員が加工する。「相談」というステップで各自が持つ知識や技術を活かし合い、先方への提案も含めた「より良いものづくり」につなげているのだ。互いへの信頼感がベースとなり、業務管理の多くは個人に任されている。集中して各自の役割を果たし合うことで、残業もほとんどない。

今後の目標は、むやみな拡大ではなく現在の業務に誠実に取り組むこと。「材料が製品になるうれしさは、入社して初めて味わえた」と話す笠原社長。これからも、一品一品丁寧に、オーダーメイドの製品を届けていく。

「コロナ禍にも仕事をいただけて、本当にありがたい。あとは、真面目に働く社員に出会いをつくってあげたい」とやさしい笑顔が印象的な笠原社長。

企業情報

最終更新日: 2021年02月18日

事業所名株式会社 フジマシン
業種製造業
業種詳細機械加工・製缶加工
取扱品目・事業内容各種機械加工、各種製缶加工、製缶機械加工
代表者名笠原 康秀
住所941-0076 糸魚川市大字西中1160番地1
TEL.025-553-0234
FAX.025-553-0203
資本金14000000円
拠点営業開始日1989-12-01
従業員数11名
図面を描く笠原社長。描かれた部品や製品は工場で形になり、市内各所で使われている。
現場を取り仕切る、頼れる工場長。
若手社員も懸命に働く。集中して業務に取り組むので、繁忙期以外は定時退社。
100文字
アットホームな雰囲気の職場。加工業未経験者も、戦力になっている。