有限会社 ひがしの

時代に合わせたサービスと、変わらぬ信頼で代えがたい存在に。

昭和50年からロの字商店街で「バンビ」の看板を掲げ、営業を始めた有限会社ひがしの。創業当初は服地の販売をメインとしていたが、時代の変化に伴い婦人服の小売業へと移行してきた。洋服や人に合わせた小物の提案、仕立て直しといった手厚いサービスも、シニア世代の女性にとって満足度が高い理由のひとつとなっている。

創業から45年間変わらず店先に立つのは、店長の東野芙美子さん。縁を大事に、お客様一人ひとりに真摯に向き合い、楽しんで接客することを心掛けている。周りとの差別化を図るために店舗の一角で始めたパッチワーク教室は、地域のご婦人方の会話の場になるなど、商店街のにぎわい創出や回遊性の向上にも一役買っている。25年前からは上越地域にも販路を広げ、現在はイオン上越店の1階「GIO SPORTS」でも婦人服やバッグ、靴などを販売している。

近年では、時代に合わせた新たな取り組みとして、年に2回メンズスーツのイージーオーダーキャンペーンを始めた。お客様との距離が近く顔の見える良好な関係づくりが出来ているからこそのサービスだ。今まで培ったオンラインにはない強みを活かして、商店街と地域住民にとって欠かせない存在となっている。

市内で手芸の出張講師なども 務める芙美子さん。

企業情報

最終更新日: 2021年01月13日

事業所名有限会社 ひがしの
業種卸売業・小売業
業種詳細婦人服、小売業
代表者名東野 恭行
住所941-0065 糸魚川市新鉄2-11-8
TEL.025-552-6383
FAX.025-552-6534
資本金3000000円
従業員数6名
創業45年となる「バンビ」。
ファッションに合わせたアクセサリーの提案も行う。
週2回のパッチワーク教室では、生徒さんが楽しく続けられるよう、それぞれがつくりたいものに合わせて指導している。
婦人服以外に手芸用品を求めて訪れるお客様も多い。