株式会社ナカノアイシステム

現状を知らずに適切な行動は起こせない。 近未来を拓く「空間情報」の専門家。

1949年創業のナカノアイシステムは、長年にわたり地図に関わる分野で事業を展開。1975年には航空測量を開始し、測量事業で培ったノウハウを基にGIS(地理情報システム)の開発に取り組んできた。新潟県内でのGIS提供シェアは約70%と圧倒的。利用者の声を活かし、その利便性を高めている。
さらに、地形図を活用した道路台帳等の整備にも取り組む同社。各種台帳は、事業を始める前の現状把握、そして、交付金や税金の算定根拠となる大切なもの。年々変化する地上や地中、海底の状況を把握してデータの鮮度を保つことも大切な仕事だ。

同社が成長を続ける理由は、新分野、新技術の獲得へチャレンジを続けてきたことにある。「まず、やってみよう」の精神でダボハゼのように未知の業務に食らいつき、営業と技術が一丸となって磨き上げた技術力は大きな強みだ。

今後は、3次元地図をつくり上げるための測量技術革新に注力する同社。自動車の自動運転、ドローンの運行管理など、多様な分野で必要となる3次元地図への理解を深めるべく、全社員参加型のオンライン会議もスタートさせた。陸・海・空すべてを活用空間とみなす現代。3次元で取得した地理情報を活用できる形にし、未来を拓く。

上越支社長を務める山本浩一郎さん。技術畑出身ながら営業を長く務められた。実直なお人柄が印象的。

企業情報

最終更新日: 2021年02月18日

事業所名株式会社ナカノアイシステム
業種サービス業(その他)
業種詳細測量業・その他のサービス業
取扱品目・事業内容測量・調査、3D計測、保安林解除申請等、統合型GISの提供等
代表者名坂井 浩
住所950-0951 本社:新潟市中央区鳥屋野432番地
TEL.025-284-2100
FAX.025-284-3600
URLhttp://www.nais21.co.jp
資本金26000000円
拠点営業開始日1949-04-01
従業員数163名
ナカノアイシステム上越支社。同社の道路台帳整備業務は昭和53年、糸魚川市からの受注から始まった。
3次元の数値標高モデルを作成できる航空レーザ測量は、防災・環境保全等さまざまな分野の基礎資料として利用される。
ナローマルチビームによる深浅測量。海底・湖底・河床等の堆積物の状況を把握でき、災害の未然防止につながる。
ドローン(UAV)での撮影で、高解像度での撮影が実現。危険区域での撮影やレーザスキャナ搭載による高密度・高精度な3次元点群データの取得も可能。
モービルマッピングシステム(MMS)は、走行するだけでリアルな3次元データ(測量データ)や画像を取得でき、道路周辺施設の調査・設計・維持管理の基礎データとして活用できる。